文字サイズ
標準拡大

生命保険信託とは

生命保険信託は、財産管理が困難であるなどの事情が存在する場合に、生命保険に基づく権利を信託財産とすることで、信託された保険契約上の権利を保全しながら、受益者に対して必要な財産交付を行うことを目的として利用される信託をいいます。

生命保険信託の特徴

生命保険信託の特徴は、「保険金受取人の財産管理」について、信託という制度を通じて補完する点にあります。保険金受取人の財産管理に課題があるケースとしては、次のような場合が挙げられます。

  • 受取人が未成年で、法律上、単独では財産管理を行えない場合
  • 受取人が知的障がいがあり、お一人では十分な財産管理を行うことが困難な場合
  • 受取人が高齢者で、認知症等の事情により、日常生活上、十分な財産管理を行えなくなる可能性がある場合
  • 「相続対策」などの事情により、遺族に対して計画的に財産を渡す必要がある場合
  • 保険金を活用し、公益団体などへの寄付を行いたい場合

生命保険信託の仕組み

生命保険信託は、財産管理が困難であるなどの事情が存在する場合に、生命保険に基づく権利を信託財産とすることで、当社が提供する生命保険信託では、保険契約者が信託の委託者となり、保険契約に基づく保険金請求権が信託財産となります。そして、実際に財産を残したい相手(=実質的な保険金受取人)を受益者、当社を受託者とする信託契約を締結いただきます。

生命保険信託の仕組み

当社が提供する生命保険信託では、保険契約者が信託の委託者となり、保険会社に対して死亡保険金を請求することができる地位(保険金請求権)が信託財産となります。

  1. プルデンシャル生命との間で、自己を被保険者とする保険契約を締結いただきます。
  2. 当社との間で、自己の死後、「保険金をどのように届けるか」をあらかじめ決めておくための信託契約を締結いただきます。
    ※ 信託財産が「死亡保険金を受取る権利(地位)」となるため、信託契約手続とは別に、プルデンシャル生命との間で「死亡保険金受取人変更手続」を行う必要があります。
  3. 保険事故発生後、当社はプルデンシャル生命に保険金請求を行い、受領した保険金が信託財産となります。
  4. 当社は、信託契約で定められた方法により、受益者に対する金銭の交付を行います。
    • 交付のタイミングは、「一括・年・月」の3つから1つを選択いただくことができます。
    • 「年」・「月」の分割交付を選択された場合、治療費、就学費用その他生活上必要不可欠な支出が発生したものとして、請求書等の客観的な資料を提示して交付指図がなされたときは、必要額の『随時交付』を行うことができます。
    • 当社は管理型信託会社のため、資産運用は行いません。
      ※受益者の生活支援者などから、委託者が財産交付をサポートする「指図権者」を指定していた場合には、必要に応じて指図権者からの財産交付の指図を受けます。
  5. 信託契約上、財産の交付先として、「第二・第三」順位の受益者まで設定しておくことができます。
  6. 受益者が不存在となった時点で信託財産が残っている場合に備え、あらかじめ「残余財産帰属権利者」を設定いただきます。
    ※「残余財産帰属権利者も不存在となっていた場合の交付先」についても、あらかじめ設定いただくことが可能です。

生命保険契約と信託契約の関係

生命保険契約とは別に、実際に財産を残したい相手(=実質的な保険金受取人)を受益者、当社を受託者とする信託契約を締結いただきます。

生命保険信託の費用

生命保険信託をご契約いただくにあたり、次の信託報酬およびその消費税相当額が必要となります。これらの費用は、プルデンシャル信託が委託者または信託財産から収受させていただきます。

  1. 信託契約締結時
    契約の引受審査や契約書作成の対価として、委託者より、信託契約1件当たり、5千円(税抜)の契約事務手数料をいただきます。
    ※契約が不成立となった場合は、契約事務手数料はかかりません。

  2. 金銭信託の開始時(=死亡時)
    保険金請求、信託設定事務の対価として、以下の金額を信託財産から収受させていただきます。
    【分割交付の場合】
    受領保険金総額(※1)の2%(税抜)を、保険金受領時報酬として信託財産から差し引きます。
    ※1:家族収入保険等の家族年金が信託財産に設定されている場合は、金銭信託開始時点での家族年金の年金現価を受領保険金総額とみなします。
    【一括交付の場合】
    信託契約1件当たり、一律10万円(税抜)を、事務手数料として信託財産から差し引きます。

  3. 金銭信託中の管理手数料
    受益者に対する信託財産の定例交付開始以降、毎年3月末日時点(※2)で信託財産の残高がある場合、信託財産の管理、信託財産の交付、取引報告書類等の作成事務、 受益者の移行手続きの対価として、信託契約1件当たり、年間2万円(税抜)を管理報酬として残高から差し引きます。
    ※2:3月末日時点で信託財産が2万円を下回る場合は、信託財産全額を管理報酬として差し引きます。 3月末日より前に信託契約が終了した場合は、管理報酬はいただきません。

  4. 金銭信託中の運用費用
    費用負担はございません。
    ※ プルデンシャル信託は管理型信託会社のため、資産運用は行いません。
図解内の用語の説明
信託とは??

一言で「信託」といっても「信託」には投資信託や不動産信託などさまざまな種類があります。「信託」の説明はこちらからご覧ください。

ページトップへ