文字サイズ
標準拡大

生命保険信託とは

いま知っていただきたい ”生命保険信託”ってなんだろう?
いま知っていただきたい ”生命保険信託”ってなんだろう?

ご家族のためにご加入された生命保険。
しかし、その保険金を受け取ったご家族の中には、
財産管理がうまくできない方がいらっしゃるかもしれません。
保険金を残す方も、保険金を受け取るご家族の方も、両方が安心できるように。
そんな想いから生まれたのが「生命保険信託」です。

そもそも「信託」って?

信託とは、「大切な財産」「信頼できる人」に託し、「大切な人」のために管理・運用してもらうことです。

信託制度についてより詳しく知りたい方は、「信託協会別窓で開く」のホームページをご覧ください。

生命保険信託って?

「死亡保険金」「プルデンシャル信託」がお預かりし、「大切なご家族」のために管理・お支払いします。 ご自身に“もしも”があった時に備えて、「誰に」「どのように」「どの順番で」保険金を支払うかを事前に決めていただくことで、受取人がうまく財産管理ができない場合でも、安全にお金を渡していくことができます。

生命保険信託の2つの特徴

生命保険信託の主な特徴として、「財産管理に関する不安の解消」と「受取人の“もしも”への備え」があります。

財産管理に関する不安の解消
受取人が未成年者、高齢者、知的障がい者など、お1人では財産管理が困難な場合に備えることができます。
受取人の“もしも”への備え
受取人に万一の事があった時に備えて、保険金を渡したい人・渡したい順番を指定しておくことができます。

生命保険信託の活用事例

例えば、こんなお悩みやご希望がある方に、特に知って頂きたいのが生命保険信託です。

ご要望ごとの活用事例

登録日:2019.06.11
登録番号:ptjs-2019-01-032

ページトップへ